えだまめドットささやまjp まめマメ通信

丹波黒大豆はこうして丹波篠山の代名詞になった!
漫画「美味しんぼ」が全国へ普及した契機のひとつに
  
黒豆畑
篠山地方では、粘土質の土壌と、昼夜の激しい温度差が好条件となって、古くから良質の黒大豆が栽培されてきました。
黒豆
粒の大きさ、つやは右にでるものがなく、煮上がりの味のよさは抜群です。また、いくら煮ても皮がむけないのが特長です。
edamame(枝豆)は、インターネット上では最も有名な日本語のひとつになっています。
枝豆の中でも丹波黒枝豆は全く次元の違う美味しさを誇っており、数ある丹波篠山原産のなかでも多くの熱烈なファンをもっています。
芳醇でこくのある甘味を持つ黒枝豆は、普通の枝豆では味わえない味覚で一度食べればやみつきになります。
もともと篠山の農家が特産の黒大豆を少しだけ枝豆として食べていたものを1980年代半ばから味まつりのイベントに出し、農協もコープなどに一部出荷するようになりました。
1988年兵庫県北摂、丹波の祭典 ホロンピア’88に出荷すると人気は爆発し、たちまちにイベントの目玉的な存在になりました。
続いて漫画「美味しんぼ」でこの黒枝豆が紹介されると全国に知られるところとなりました。鮮やかな緑色の枝豆という先入観をもったお客さんが、お店で出された黒ずんだ枝豆が、「腐っている」と腹を立て、主人公の働きで実はそれが丹波黒枝豆で店主のお客への思いやりであったことがわかるというストーリーです。

丹波篠山というとかつては「山奥」と「デカンショ節」というイメージでしたが、今や丹波篠山というと第一に「黒豆」と答える人が多くなりました。
丹波黒大豆は、お正月の高級素材というイメージがありますが、その成分から健康食品として注目を集め、様々な加工食品も作られています。
黒枝豆は、野菜から穀物に変わるわずかな期間(10月の2,3週間程度)にだけ味わうことができます。文字通り旬を味わう食べ物です。
秋、旬の味を求めて丹波篠山は多くの観光客であふれかえります。伝統の味まつりをはじめ、市内各地で食をテーマにしたイベントが行われます。

大山スイカ
真夏の特産!大山スイカ
篠山市観光情報



丹波篠山は味覚の王国 特産料理レシピ集
丹波黒大豆 丹波栗 山の芋
 丹波大納言  丹波篠山牛&ボタン鍋
野の幸、山の幸あらゆる素材のレシピ集

特選『ぐるめ100連発』
公募アイデアレシピ集
ささやま旬の野菜を使った簡単料理
子どもたちへ伝えたいささやまの郷土料理レシピ
お茶菓子コンクールレシピ集
おいしいものどっさり、丹波篠山発!黒豆料理大集合
みおの料理レシピ


 美味しく食べる方法
 美味しく食べる処
黒枝豆の湯がき方
 定番!丹波黒枝豆の湯がき方

枝豆を水洗いしボールに入れて両手でギュッギュッともんで毛を
とります。
たっぷりの熱湯(2.5~3リットル)の中にそのまま入れてゆでます。
12分くらいたったら食べてみて少しかたいくらいでざるにあけます。
(ゆですぎると甘みが減少します。)・・・・詳細は
栗の保存方法
 誰もが知りたい栗の保存方法

2リットルの水を鍋に入れて火をかけ、水温が80度になれば、
栗1キロを素早く入れる。火を弱くして80度以上にあがらないように
注意して1分間浸漬したら水を切る。・・・・詳細は


関連の外部サイト 
お店の評価はそれぞれのサイトが独自に行っています。


お食事処(観光情報サイト)
篠山市観光情報サイト お食事処

飲食情報(#ささやま)
地域のポータルサイト シャープささやま 飲食情報

篠山まるごと丼
篠山市観光情報サイト まるごと丼のお店

ボタン鍋ガイド 
篠山市観光情報サイト ボタン鍋ガイド
美味しいお茶の入れ方
 美味しいお茶の入れ方

茶はちょっとした入れ方の違いでびっくりするほどまろやかになり
ます。それぞれの葉の特徴を生かしたおいしい入れ方を覚えて、
お茶を楽しく味わいましょう。・・・・詳細は


ボタン鍋を美味しく食べるための雑学
 ボタン鍋を美味しく食べるための雑学

 篠山に陸軍歩兵部隊第70連隊が駐屯すると、
彼らは訓練と称して捕獲したイノ シシの肉をみそ汁にして食べ、
さらにアレンジしたものが「ぼたん鍋」の起源になっていると
いわれています。・・・・詳細は


丹波篠山黒枝豆
黒枝豆販売所マップ2016版篠山市観光情報

 電脳紙芝居 丹波篠山とくさんシリーズ  
 漫画 丹波篠山ふるさとの風 
 黒豆のおはなし
黒豆のおはなし
 山の芋のおはなし

山の芋のおはなし
篠山肉牛のおはなし 

篠山肉牛のおはなし
 漫画丹波篠山ふるさとの風